子宮腟部びらん(シキュウチツブビラン)は病気?

ピンクの花◆子宮頚がん検診の結果で「子宮腟部びらん」という用語を目にします。この正体は子宮頚管がめくれ、その奥にある毛細血管で覆われた粘膜が赤く浮き上がって見える状態の表現です。ほとんどは問題ありませんが、まれに子宮頚がんのこともありますので、記録と子宮頚がん検診が必要です。
 ◆女性ホルモンの影響を強く受け、生理のある女性では大なり小なりよくみられます。閉経するとめくれていた子宮頚管が縮み見えにくくなります。
 ◆子宮腟部びらんは<子宮頚がん検査が異常なければ>病気ではなく単なる自然現象です。