雨と頭痛と利水剤(リスイザイ)

アメリカンブルー天気が下り坂になると頭痛や吐き気、だるさに襲われる方は意外と多いようです。気圧が急降下中に脳血管内の圧力がそれについて行けず、相対的に脳血管内の圧力が上昇、膨張した血管が周囲の脳神経を圧迫するためという仮説があります。
 ◆毎回、症状がひどく日常生活に影響する方の場合、体内の水分分布の不均衡を速攻で修正できる「五苓散(ごれいさん)」を代表とする漢方薬の「利水剤」が著効する例がよくみられます。五苓散内服後最短15分ほどで効果が出始め数時間以上効果が続きますので、低気圧の気配を感じてからの内服でも通常間に合います。
 ◆ちなみに気圧と頭痛を予報するというスマホアプリがあります。 →「頭痛ーる」